鉄太郎

成約のとれないコピーって?

どうも鉄太郎です。

本日もブログにお越し頂きありがとうございます。

 

 

さて、本日はコピーライティングについて少し詳しく説明したいと思います。

 

因みに

「本当に選ばれるブログ・メルマガを作るための重要なポイント」では

 

・充実したコンテンツを提供する

(読者が知りたい情報、価値のある情報を提供すること)

・できるだけ売り込み感をなくす

・いかに読者目線のブログ・メルマガを作ることができるか

 

ということについて解説させて頂きました。

詳しくはコチラの記事をご覧ください。

「本当に選ばれるブログ・メルマガを作るための重要なポイント」

 

 

これを踏まえて、それではどうやってこれらを満たしていけるか?

そして「成約のとれる記事」とはどうして書いたらいいのか?

ということを考えていきたいと思います。

 

 

その前にではまず「成約のとれないコピー」とは何か?

 

 

それは・・・・・

●分かりにくい 

●主張、メッセージが一貫していない 

●書いている事がイメージしにくい

 

これがいわゆる「成約のとれないコピーの3大原則」と言われています。

つまり、これらの1つでも該当するコピーとは成約をとることができないと言われています。

 

 

さらに・・・・

●読んでみようという興味・関心が湧かない 

●信用できない、共感できない 

●今、行動を起こす理由が明確にならない

 

とこれらの要因が一つでも含まれると「成約がとれないコピー」となってしまいます。

 

 

となると、これを逆手にとって「成約のとれるコピー」を考えると以下のようになります。

 

 

●分かりやすい

●主張、メッセージに一貫性がある

●書いてあることがイメージしやすい

●読んでみようという興味・関心が湧く

●信用や共感を得られる

●今、行動を起こす理由が明確になっている

 

 

 

これらが、成約の取れるコピーの要因になると言われています。

「では何故?これらの要因が必要なのでしょうか?」

 

ということで、続きはまた次回以降の記事で解説したいと思います。

 

 

それでは本日は以上になります。

どうもブログにお越し頂きありがとうございました。

感謝してます。

 

 

 

 

斎藤一人さんファンのサラリーマン!!

関連記事

  1. 執筆中
  2. 集客
  3. 20150214205146a3f
  4. pat01_sub09
PAGE TOP