鉄太郎

20150214205146a3f

あなたの記事が思わず読みたくなるコピーの原則 Part.2

どうも鉄太郎です。

 

先日アップした記事

「あなたの記事が思わず読みたくなるコピーの原則 Part.1」

もう既に読まれましたか?

 

もし、まだの方であればこちらからどうぞ

「あなたの記事が思わず読みたくなるコピーの原則 Part.1」

 

そして今日はこの「あなたの記事が思わず読みたくなるコピーの原則 Part.2」を

お届けしたいと思います。

 

といっても主な部分はPart.1でかなり解説しましたので、

このPart.2はオマケのようなものですが、

大切な内容なので押さえておいて欲しいと思います。

 

それではまず、前回の記事の復習をしたいと思います。

 

あなたの記事が思わず読みたくなるコピーの原則 Part.1 

 

あなたの書いたブログ記事や、宣伝・広告というものは、

「読んでみようという興味・関心」を読み手に抱かせない限り、

決して読んでもらうことはできない。

 

その為にも以下の2点に注意する必要がある。

・できる限り短い言葉でスッキリと伝える

・感覚的な言葉、イメージしやすい言葉を用いる

 

特にヘッドコピーの場合は、

40~60字程度の構成で1~2行程度で終えられる短い文章を、

1~3つ以内に収めていくということを意識することと、

「感覚的に目に留まってしまうようなキーワード」を散りばめ、

「読む」というよりは、「眺める程度」でも反応できる言葉を選択するということでした。

 

 

前回の記事では主にこのような内容だったのですが、

本日はこれらを意識しながら、さらにもう一つだけ大切な,

ある原則をお伝えしたいと思います。

 

それは、あなたのブログや広告、セールスレターなどを

「読んでみようという興味・関心」を読み手に抱かせるために

大切な要素だからなんです。

 

 

理由付けの原則

あなたのブログ記事のタイトルや、セールスレターのヘッドコピーは、

読み手の興味・関心を引き出していくと共に、

「読み手がそのブログ記事なり、広告を読む理由

も与えていく必要があるということなんです

 

※ヘッドコピー

広告やwebページで読み手が一番最初に目にする部分の文章や言葉のこと

 

そしてその最も効果的な方法は、そのブログ記事タイトルや、セールスレター、

広告で紹介されている商品やサービス等が、読み手にとってどんなメリットを

提供してくれるのかということを明確に伝えることです。

 

ブログ記事であれば読むことでどんなメリットがあるのか?

商品であれば、購入することでどんなメリットがあるのか?

サービスであれば、それを受けることでどんな悩みを解決してくれるのか?

 

これらをより明確に読み手にイメージさせ、伝えて行くことが重要になります。

 

 

例えば、今回の私の記事タイトルについても、

 

メリットがない記事タイトル : 「重要なコピーの原則」

メリットがある記事タイトル : 「あなたの記事が思わず読みたくなるコピーの原則 」

 

この「あなたの記事が思わず読みたくなる」という部分が読み手に与えている、

メリットな訳ですね。

 

つまり、ブログを作成している人の多くは

「アクセスをアップさせたい」

「記事を読んでもらいたい」

 

という潜在的欲求を持っているということを前提にこの

あなたの記事が思わず読みたくなる」というコピーを付けているのですね。

 

そして、付け加えるのであればここでもう一つ重要なのがリサーチですね。

 

解り易く言えば、あなたの記事を見ようとしている人、あるいは見るかもしれない人達が

「別に記事なんか読んでもらおうとは思っていない」

「既に記事や良く読んでもらっているので悩んでいない」

という人達ばっかりであれば、いくらそんな人たちに「あなたの記事が思わず読みたくなる

というコピーを使っても、その先を読んでくれないということです。

 

だからこそ、コピーライティングにおいてはただ、文章を書けばよいというわけではなく、

市場のリサーチということも勿論抑えた上で、書いていく必要があるので、注意して欲しいと思います。

 

 

ということで、Part.1~2まで総括してまとめたいと思います。

 

あなたの記事が思わず読みたくなるコピーの原則 

 

あなたの書いたブログ記事や、宣伝・広告というものは、

「読んでみようという興味・関心」を読み手に抱かせない限り、

決して読んでもらうことはできない。

 

その為にも

・できる限り短い言葉でスッキリと伝える

・感覚的な言葉、イメージしやすい言葉を用いる

 

特に記事タイトルについては

「感覚的に目に留まってしまうようなキーワード」を散りばめ、

「読む」というよりは、「眺める程度」でも反応できる言葉を選択する。

 

また、読み手に対して

「そのブログ記事を読む理由(メリット)を明確に与える

ということが大切である。

 

 

以上になります。

どうも最後までお読み頂きありがとうございました。

 

kijideguchi

 

関連記事

  1. 執筆中
  2. 秘訣
  3. 執筆中
  4. moneyhikiyose
  5. なるほど
PAGE TOP