鉄太郎

執筆中

コピーライティングスキルの鍛錬方法

どうも鉄太郎です。

 

本日も、私が日頃からその重要性について説いている

コピーライティングについて少し詳しく解説したいと思います。

 

え? コピーライティングって何?という方は、

こちらの記事に初心者向けの記事がありますのでご参照ください。

 

【コピーライティングに関する記事一覧】

・コピーライティングスキルとは?

・コピーライティングをみにつけるメリット

・成約のとれないコピーって?

・成約率を高めるコピーの原則 Part.1

・成約率を高めるためのコピーの原則 Part.2

・コピーライティングが先か、集客が先か?

 

尚、上記のコピーライティングに関する記事一連を読まれた方で、

それでも今一つ、コピーライティングの重要性について分かりづらいという方は

こちらのレビュー記事も参考にして頂ければ理解しやすいかと思います。

 

 

【文章自動作成ツール関連のレビュー記事・評価】

・パーフェクト・サテライト・ライター Ver.2 (株)T.P.Lconsulting  田嶋 秀一) 評価レビュー

・単語アルゴリズム全知能記事作成ツールKIJIN 評価・レビュー  (クリアイズム有限会社)

 

 

【コピーライティングスキルの鍛錬方法】

本日はコピーライティングスキルの鍛錬方法について解説したいと思います。

この記事を読んで下さる方は、コピーライティングの重要性について、

ある程度理解されている方であると思って解説させて頂きますね。

 

そして

「コピーライティングの能力を高めたい」という方は是非、

参考にして頂けたらと思います。

それではいってみましょう。

 

【苦労と努力を積み重ねていくしかない】

いきなりですが、実はこれが1つの「答え」になります。

 

つまり、いくら優れた教材を読んで知識を詰めても、

「本質的にはコピーライティングスキルは向上しない」

ということを意味します。

 

これを聞いてどう思われるかはあなた次第ですが、

残念ながら、簡単に身につけられるものではないのです。

 

簡単に習得できると思っておられる方は、

この先は読まなくてもいいでしょう。

 

コピーライティングスキルはよく、「人の心を動かす文章術」というような

表現をされることがあり、まるで魔法のようなテクニックのように思われがちです。

 

でもその名の通り、スキルである以上、魔法でもなんでもなく、トレーニングをした結果、

初めて身につけられるものなのです。

 

そして、この「スキル」というのはこの世の中において普遍的な真理であり事実なのです。

 

美容師さんも、美容学校を出てからデビューするのに3年くらいはかかると言われ、

やはり一人前になるにはシャンプーからマッサージなどの研修期間を経て、

その期間にお店が閉まってからも人形を相手に練習を積んで初めてそのスキルを

身につけられるのです。

美容学校を出て、知識の勉強をしただけでは決して一人前の美容師になれないのと同じです。

 

まさしく、普遍的な真理であり事実という他、物事の道理とも言えることですね。

 

ただ、ここであえてコツを言うのであれば、

ただ、やみくもに文章を書きなぐればいいというものではないということだけは、

是非覚えておいて欲しいと思います。

 

いわゆる写経というか、誰かの記事をただ写し書きしていくのもこれと同じです。

そうではなくて、やはり頭をフル回転させて読み手の気持ちを考え、

1語1句、1行1行を思案しながら書いていくことが大切です。

 

そして、書いては読み直し、自分の書いた文章が本当に読み手に伝わるかどうかを

吟味していくことが大切です。

 

そして後は、ただ「書く」ということをとっても、

基礎となる知識や、書く際の注意点というかポイントを押さえずに書いているだけでは

決して上達しません。

 

それ相応の「基礎知識」というものもある程度必要になってきます。

そういった基礎知識を得るためにはある程度、

教材や書籍を参考にすることは必要になってきます。

 

そしてそれらを軸に自分の頭の中に文章を書いていく時に、

押さえておくべきポイントや注意点を意識しながら、頭をフル回転させ、

文章を書いていくということが重要です。

 

つまり、「読んでは書く」、「読んでは書く」という作業の繰り返しをするということです。

 

そしてこれがコピーライティングスキルの向上のための鍛錬方法に他なりません。

 

勿論、楽ではないかもしれません。

また、時間もかかるでしょう。

 

しかし、あなたの過去の経験を思い浮かべて頂ければ分かるかと思いますが、

一朝一夕で身につけた知識た技術などはすぐに忘れて使い物にならなくなりますが、

 

苦労して、時間をかけて身につけた知識や技術はそう簡単に忘れるものではありません。

そして苦労して身につけた知識や技術というのはやがてあなたの「財産」になるはずです。

 

何度も言うように簡単ではありません。

どの言葉で、どのように書けば、読み手に伝わり、理解してもらえるか?

どのように表現すれば、自分の主張に共感してもらえるか?

 

常にこれらを考えながら、魂を込めて書いていく感じです。

 

特に最初はこれらを意識するのが大変で時間を要します。

でも、練習すればするほど、徐々にその時間は短縮され、いずれは

あまり意識しなくても、色々なことを同時に考えながらできるようになってきます。

 

丁度、車の教習所で初めて運転席に座った時のことを覚えてください。

シートに座って、バックミラーを合わせて、シートの前後位置や、高さの調整。

そしてシートベルトをつけて、右後方を確認し、ウインカーを出して出発する。

 

一番最初はこれらの工程を一つずつ確認しながらしていたはずです。

 

でも、車の免許をとって1年もすれば、これらシートに座ってからの作業は

ほぼ無意識でかつ、全て同時進行でしているのではないでしょうか?

(車の免許を持っていない人はすいません)

 

まさしく、コピーライティングスキルも同じですね。

読み手に解り易い文章表現になっているか?

メッセージに一貫性はあるか?

興味を惹きつけられる内容になっているか? 等々・・・・

色々なことを考えながら、文章を書きあげていくのです。

 

まさしく「実践」あるのみです。

 

そしてその「実践」はひたすら読み手の気持ちを考え、

コピーライティングの正しい原理原則に沿って、

反応の取れるコピーを自分なりに絞りだしていくことだといえます。

 

 

ということで、本日のまとめです。

 

【コピーライティングスキルの鍛錬方法 まとめ】

 

・コピーライティングスキルのための原理原則は知っておく必要がある

・しかしコピーライティングの知識だけを詰め込んでも決して上達することはない

・また、ただ文章を書くということではコピーライティングは上達しない

・コピーライティングの原理原則を常に考えながら、苦労と努力を重ね、

文章を創り出していくことが重要

 

 

それでは本日は以上になります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

感謝してます。

 

 

斎藤一人さんファンのサラリーマン!!

関連記事

  1. 秘訣
  2. 集客
  3. ニワトリ
PAGE TOP