鉄太郎

集客

ブログに読者を集める4つの方法

どうも鉄太郎です。

今日はブログに読者を集める4つの方法を紹介したいと思います。

 

ただ、読者を集めるのはくれぐれも、

ある程度コンテンツを作ってからするようにしてくださいね。

 

 

それは何故だが分かりますか?

その理由は下記のページに解説していますので、

宜しければ確認してくみてください。

 

本当に選ばれるブログ・メルマガをつくるために重要なポイント

 

 

ある程度コンテンツができてきた。

という方は集客をしていく段階に入ってくるので、

その段階に入っていよいよ集客を始めていきます。

 

 

◆読者を集める方法とは?◆

ブログのコンテンツ
(ステップメールの準備)がある程度整ったら、
いよいよ読者を集めていく段階になります。

 

いくら文章や、画像、動画など、
人を惹きつけるブログコンテンツのになったとしても、

読者がいなければ絶対に売り上げは上がりません。

 

なので、ある程度コンテンツが出来上がったら、

「読者を集める=集客」ということにも

力を入れていく必要があります。

 

では、実際にどうやって集客をしていけばいいのか?
その方法には、まず、大きく分けて次の2通りがあります。

 

1.無料で集客する
2.お金をかけて(有料で)集客する

 

それぞれについて詳しく解説していきます。

 

●無料で集客する●

まずは、「1.無料で集客する」についてです。

 

無料で集客するというのは、文字通り、
お金をかけずに読者を集めるということですね。

 

これには、次の2通りの方法があります。

1.ブログで集客する
2.無料レポートを使って集客する

 

 

★ブログで集客する

ブログで集客するというのは、「集客の記事」を書いてアクセスを集め、
そこからメルマガ登録へと促す方法のことです。

⇒「集客の記事」についてご存知ない方はコチラに解説しています。

ブログコンテンツに必要な3つの記事』 についてはコチラをクリック!!

 

 

私の推奨しているアフィリエイト手法としてはまず、

 

自分のブログ記事を読んでもらう

「この人一体どんな人なんだろう?」
「他の記事も読んでみようかな?」と興味を持ってもらう

他の記事も何記事か読でもらうようにコンテンツを充実させておく

いくつかの記事を読んで有益と感じて貰うことで「読者登録してみようかな?」と思ってもらう。

 

という流れでメルマガ読者を獲得していきます。

 

つまり、集客の記事を書くことでブログへの入口を増やし、
読者の獲得を狙っていくわけです。

 

当然ながら、集客の記事が多ければ多いほど、
ブログへのアクセスは増えていきます。

 

なので、私のメンターは

「時間があるなら、一つでも多く記事を書いてください。」
「その方が確実に読者を集められます。」

と常に言われています。

 

これはつまり、
「記事こそが集客の要である」ということです。

 

とは言え・・・
集客の記事はただ書けばいいというわけではありません。

 

その記事を書く際には、
抑えなければならないポイントが2つあるのです。

 

 

それは、

・キーワードを狙う
・出口を一つにする

ということです。

 

 

<キーワードを狙う>

キーワードという言葉は、その意味がお分かりでしょうか?

 

キーワードというのは、簡単に言えば、
「ネットユーザーが検索しそうな言葉」のことです。

 

言葉を変えれば、ネットユーザーが

「困っている」

「悩んでいる」と思いそうな事柄です。

 

例えば、ダイエットに興味のある
ネットユーザーが検索しそうな言葉といえば、

「ダイエット 運動」
「ダイエット レシピ」
「ダイエット サプリ」
「ダイエット 方法」

など、いろいろあります。

こういった言葉のことを、キーワードと言うのです。

 

そして、集客の記事を書く際は、
このキーワードを狙って記事を書くことが大切になります。

 

なぜキーワードを狙うのが大切なのかというと、
キーワードを狙った方がアクセスを増やせるからです。

 

ブログのアクセスというのは、
検索エンジンからのアクセスがその大半を占めています。

 

そのため、きちんとキーワードを狙って記事を書くことで、
そのキーワードでのアクセスを増やすことができるからです。

 

そしてそのポイントがネットユーザーが、

「困っている」

「悩んでいる」

「解決したい事柄」

であるということが大切になります。

 

 

<出口を一つにする>

ここで言う出口とは、記事の終わり方のことをいいます。

キーワードを狙って記事を書き、
アクセスを集めたとしても、
何もしなければブログやメルマガ読者のを増やすことはできません。

 

なので、集めたアクセスに対しては、
きちんと、メルマガ登録を促していく必要があります。

 

しかし、そのためには、当然、
メルマガの存在自体を知ってもらう必要があります。

 

そこで重要になるのが、記事の終わり方です。

 

集客の記事を書く際は、
単に訪問者の役に立つ記事を書くだけで満足するのではなく、

 

記事の最後にメルマガ登録ページへのリンクを貼り、
訪問者の出口が一つになるようにする必要があります。

 

なぜ記事の最後にリンクを貼るのかというと、
記事の最後が一番行動を起こしてもらいやすい
(=クリックしてもらいやすい)タイミングだからです。

 

また、出口(=リンク先)を一つにするのも重要なポイントで、

 

リンク先がいくつもあると、
訪問者はどれをクリックしたらいいのか迷ってしまい、
「結果的にどれもクリックしてもらえない」
ということがあります。

 

なので、記事の最後に貼るリンクは極力一つに絞るようにし、

 

集客の記事を書く場合は、
そのリンクをメルマガ登録ページへのリンク、もしくは他の記事へのリンクにすると、
最も効果が高まります。

次に、「無料レポートを使って集客する方法」について
解説をしていきます。

 

★無料レポートを使って集客する

無料レポートとは、
無料レポートスタンドと呼ばれるサイトに登録されている、
E-bookのことです。

 

例えば、「まぐぞう」や「インフォゼロ 」
などといったサイトに登録されています。

 

無料レポートの大半はPDF形式のレポートで、
そこには様々なノウハウや体験談などが書かれています。

 

私たちは、そのレポートを
いつでも無料でダウンロードすることができますが、

 

レポートをダウンロードすると、
レポート作者のメルマガに登録される仕組みになっています。

 

つまり、レポートをダウンロードする代わりに、
レポート作者に自分のメールアドレスを引き渡す
ということです。

 

そして、この仕組みを利用し、
自分が無料レポートをダウンロードしてもらう側になれば、

今度は自分自身の読者を増やすことが可能になるのです。

また、一度無料レポートを作成してしまえば、
そのレポートを使って、ブログで集客をする事も可能になります。

 

無料レポートを作成するのは手間も労力もかかりますが、
その労力の分だけ、容易に読者を集めることが可能です。

 

なので、ぜひ無料レポート作成にも
チャレンジをしてみていただきたいと思います。

 

では、最後に
2.お金をかけて(有料で)集客する」についてお話します。

●お金をかけて集客する●

お金をかけて集客する方法としては、
「有料広告」や「読者増サービス」に投資をする方法があります。

 

有料広告とは、他のサイトやメルマガなどにお金を払って、
自分の媒体(メルマガなど)を紹介してもらうことです。

 

また、読者増サービスとは、お金を払う代わりに、
読者のメールアドレスと名前を入手できるサービスのことです。

 

これらのサービスは、それを行っている会社によって
金額やサービスの内容が変わってきます。

 

なので、一概にこれがいいとは言いにくいものがありますが、
集められる読者の質がいいのは、

1.まぐぞう
2.インフォゼロ

の2つです。

それぞれメルマガ広告や読者増サービスについての
サービス内容や価格は異なりますので、

 

どれくらいの金額でどのようなサービスを受けられるのか、
時間があるときにでも、一度確認してみてください。

 

◆まとめ◆

読者を集める方法には、いくつかの方法を解説しました。

 

その方法及び、重要なポイントをまとめると、
次のようになります。

 

1.無料で集客する

・ブログで集客する
(キーワードを狙う、出口を一つにする)

・無料レポートを使って集客する

 

2.お金をかけて(有料で)集客する

・有料広告を出す

・読者増サービスを使う
(まぐぞう。インフォゼロがおすすめ)

 

以上、集客のための4つの方法紹介しました。

 

この中で読者から一番高い反応を得られるのは、
どの方法であるか分かりますか?

 

それは・・・・

間違いなく「ブログで集客する」方法です。

 

なぜなら、ブログで集客する場合は、
読者が自ら「このメルマガを読みたい」と思って、
登録をするからです。

 

つまり、メルマガ登録の時点で、
読者の購読意欲はすでに高まっているわけですね。

 

一方、無料レポートの場合は、
純粋に「レポートを読んでみたい」と思う人が
ダウンロードをします。

 

なので、レポートをダウンロードする人の意識には、
「メルマガを読みたい」という気持ちが
あるわけではありません。

もちろん、無料レポートの内容(質)がいいものであれば、

 

レポートを読んだあとにも、
「この人のメルマガを読んでみたいな」
と思う人はいるかもしれません。

しかし、それはあくまでも

レポートの質によって変わってくることなので、
「レポートが読めればそれでいい」と思う人もいます。

 

また、場合によっては、
レポートをダウンロードした際に
大量にメルマガが送られてくるのを嫌って、

 

最初から捨てアドレス(レポートダウンロード専用アドレス)を
登録してくるような人もいます。

 

そのような人には、いくらメルマガを送っても、絶対に読んでもらうことはできません。

なので、無料レポートで集客する場合は、
ブログで集客するよりも、
読者の購読意欲は低いということを認識しておく必要があります。

 

さらに、読者増サービスを使って集客する場合は、
無料レポートで集客するよりも、
読者の購読意欲は低くなります。

 

なぜなら、そもそも、
読者増サービスで得られる読者というのは、
メルマガに登録されること自体を
きちんと把握していないような人ばかりだからです。

 

無料レポートの場合は、
レポート作者のメルマガに登録されることを
事前に承諾した上でレポートをダウンロードしていますが、

 

読者増サービスの場合は
そのような事前の取り決めはありません。

 

なので、そもそも
最初からメルマガを読みたいと思っている人は、
1人もいないのです。

 

もちろん、実際にメルマガを配信していくようになれば、
その存在に気づいて
熱心に記事を読んでくれる人は出てくる可能性はあると思います。

 

しかし、そういった人の割合も、
せいぜい2~3%前後だとかんがえておいた方がいいと思います。

2~3%ということは、100人なら2人か3人、
1000人なら20~30人しか
反応してくれないということになります。

その上、その人達が全員商品を購入するなんてことは、
まずありえませんので、

 

よほど高い成約率を叩き出せているメルマガでない限り、
最初から読者増サービスを利用するのは、
単なる博打でしかないということになります。

 

「まずはしっかりと集客できるブログを作ること」
「そして、実際にそのブログやメルマガで成果を上げること」

ここを一番に考えていただきたいと思います。

 

読者増サービスを利用するのは、それからでも決して遅くはないと思います。

 

それでは本日は以上です。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
感謝してます。

 
斎藤一人さんファンのサラリーマン!!

関連記事

  1. 結果2
  2. 顧客4段階
  3. moneyhikiyose
  4. 秘訣
PAGE TOP